日本スポーツ協会より標記ガイドラインを10月2日付け改訂したとの報告がありました。

今回の改訂のポイントは
①各競技団体においてガイドライン作成が進行していることを踏まえ、標記ガイドラインの総論としての位置づけを明確化

②令和2年9月11日付け内閣官房新型コロナウイルス対策推進室長事務連絡が示す収容率及び人数制限の緩和適用時に主催者及び施設管理者に求められる内容の明示

③接触確認アプリの積極的な活用の促進

とのことです。

標記ガイドラインへのリンク(スポーツ庁経由)は本会HP(トップページ)にございます。
http://www.aichi-sports.or.jp/index.html

本会加盟団体におかれましては、標記ガイドライン及び中央競技団体が作成されているガイドライン等を参考に、各事業における新型コロナウイルス感染症対策を、引き続き徹底していただきますようお願い申し上げます。